Paper owner game 2016-2017 on SIS3 rules.
■POG2016−17ルール■


15頭持ちです。入れ替えルール(一部)・有馬記念ルール(一部)・血統保護ルール・G1ハンタールールを採用しております。各ルールに関しては後述参照のこと。

・2014年産サラブレッド全馬の中から15頭選びます。馬名登録前の馬(〜12などの呼称)からも選択することが出来ます
・資料は各自地力入手してください
(牧場への問い合わせや、一口馬主クラブへのPOG目的による資料請求など、非常識な迷惑行為は厳禁致します)

ダービーの翌金曜日(6/3日)に第1回ドラフト(優先指名枠ドラフト/1〜3位指名)を行います。6/3日午後7時まで(必着)に、私宛にメールで指名上位1位から3位をお伝えください。参加者内での指名調整を行います。
第1回ドラフトで、指名3頭が埋まらなかった(競合し、負けた)場合は、第2回ドラフトで指名を行います。

更にその翌金曜日(6/10日)に第2回ドラフト(第1回ドラフト空き枠・及び4位〜15位)を行います6/10日午後7時まで(必着)に、私宛にメールで指名上位4位から25位(16〜25位はリザーブ/第1回で空き枠を残した方は空き枠分も含め上位から25位まで)をお伝えください。

指名ルール
*全参加者内で、重複指名が全く無くなるように調整します。
*同一馬を複数名が指名した場合、
指名順位の高いものが獲得。
*指名競争になり、破れた場合、「
優先ポイント」を1点獲得。
*同一馬を複数名が同一順位で指名した場合、
(1)優先ポイント上位者が獲得(1頭獲得段階で、優先ポイントは0に戻ります)
(2)優先ポイントが同一であった場合、昨年度順位(ダービー終了時点)の低いものが獲得
(3)(2)の場合、今回からの新規参加者は優先権が与えられません。
(4)以上のルールで指名に漏れた方は「優先ポイント」を1点獲得。
*15位指名までの調整後、15頭に満たない場合は16〜25
位の馬で補充(その場合も重複に関しては同様の調節を行います)
*それでもなお15頭に満たない場合、メールにて追加指名。


■POGルール

※新規要素は赤字で記載しております。

基本ルール:得点制度
・ゲーム期間内に行われる、JRA競争、及びJRA指定交流競争出走馬のみが集計の対象になります。
・上記該当レースで5着以内に入った場合、その
賞金の1/100000がポイントに加算されます(新馬戦なら1着賞金700万円の10万分の1で70点)。
(倍)=リーディング11位以下の種牡馬に関しては、
賞金ポイントが2倍になります。新種牡馬、マル外、持ち込みも2倍対象です。
以下がリーディングベスト10(倍にならない馬)です。
ディープインパクト/キングカメハメハ/ハーツクライ/ステイゴールド/ダイワメジャー/マンハッタンカフェ/クロフネ/ゼンノロブロイ/ゴールドアリュール/ネオユニヴァース
・レースのグレードに応じて、勝利ボーナスがポイントに加算されます。
新馬戦=200点
平場500万下=150点
500万特別・平場1000万=200点
1000万特別・1600万特別=250点
オープン=300点
GV1着=400点
GV2着=150点
GU1着=600点
GU2着=250点
GT1着=1000点
GT2着=500点
GT3着=200点
GTレースに出走=1頭につき300点
海外遠征=1レース出走毎に1000点
海外重賞勝利=国内レースの3倍ボーナス

※各ボーナスポイントは内国産、マル外の倍付け適用外とします。
ex.新馬戦に勝った場合、上記賞金ポイント70点に加え、勝利ボーナス200点で270点が加算。
ex.内国産またはマル外が新馬戦に勝った場合、70×2+200=340点が加算。
ex.UAEダービー(G2)に勝った場合、「賞金(リーディング11位以下は×2)」+G2勝利600点×3+1000点
※地方所属馬を指名した場合、
JRA競走、指定交流競走のみがポイントに加算されます。
※海外のレースについては、出走時点の為替レートに基づき賞金を算出します。

■追加ルール1:入れ替え指名ドラフトルール
*2016年9月(4回中山・4回阪神開催前)、2016年11月(5回東京・5回京都開催前)及び2017年1月(1回中山・1回京都開催前)に指名変更ドラフトを行います。
*変更は、「指名した馬でその時点において未出走馬」から「指名していない馬でその時点において未出走馬」へ、に限ります。
*指名変更は一度に2頭まで行えます。
*指名変更通知(メール及びweb上で告知します)から3日以内に、指名放棄馬をリストにしてメール提出してください。
*リスト回収後、「指名解除馬リスト」として、HP上に掲載します。
*「指名解除馬リスト」アップから3日以内に、メールにて新規指名馬リストを提出してください。
*新規指名は、その時点で誰も指名を継続していない馬から選んでください。つまり、誰かが指名放棄した馬を選んでも構いません。
*新規指名馬リストにも指名順位を付けてください。初回指名と同様の方法でドラフトいたします。重複指名時の優先権は、その時点で順位が下位の方に与えられます。

■追加ルール2:有馬記念ルール
・参加者はドラフト終了後に、有馬記念ルール適用馬を3頭選出します。この3頭のみ、
2017年有馬記念までの成績を集計対象とします。
・有馬枠は、以下の条件に合う限り、ダービー終了後の翌月曜日まで、指名馬の中で自由に入れ替えることが出来ます。

1:未出走の指名馬間では、いつでも自由に入れ替え可。

2:枠適用馬(出走済)が引退した場合、その適用馬よりその時点で獲得ポイントが低い指名馬に、枠を入れ替える事が可能。ゲーム期間内に復帰の可能性がある場合は、そのまま枠の継続もできる。
※故障の全治などは判断が難しいため、減点無しで移動できる既出走馬は引退馬のみとしました。

3:枠適用馬を入れ替え指名で除外する場合、新たに指名した馬に枠を適用する。その際、「1:」の未出走間入れ替えを行うことができる。

4:上記ルールに関わらず、指名枠を強行移動することはいつでも可。ただし、上記条件に該当しない場合、枠指名馬のその時点のポイントを半分返却しなければならない。

ex.→A馬(1戦0勝、ポイント20)からB馬(3戦3勝、ポイント1250)へ枠を移す場合、A馬の点数は減らず、B馬の点数が625点減点される。

■追加ルール3:保護血統ルール
ドラフトに「血統優先枠」を3頭分設けます。この枠内で、昨年所有していた馬の弟・妹を指名した場合、ドラフト無しで指名する権利を得ます。他のPOが血統優先権を持っている馬に関しては、仮に1位指名しても、優先オーナーが血統優先枠で指名した場合、負けになります。

※前年度に産駒が居なかった繁殖牝馬、及び前年度の産駒を誰も指名していない繁殖牝馬については、
2004−05年度までを限度とし、最も最近の登録馬まで遡り優先権を判別します。(→リスト管理の都合上、2005年までに変更しました)

※血統優先権は、入れ替え指名で放出した時点で無効となります。同様に、入れ替え指名で追加した馬に関しては、血統優先の対象となります。

■追加ルール4:G1ハンタールール
ドラフト終了後、指名馬の中から、期間内に行われるG1を狙う馬を設定します。複数の枠を1頭に指定してもOKです。その馬が該当G1を勝った場合、勝利ボーナスが1000点から3000点にアップします。また該当G1に出走した場合、出走ボーナスが300点から1000点にアップします。

※期間内のG1は「全日本2歳優駿」「阪神ジュベナイルフィリーズ」「朝日杯フューチュリティステークス」「桜花賞」「皐月賞」「NHKマイルカップ」「オークス」「ダービー」「ジャパンダートダービー」の9レースとします。

※指名はドラフト終了後から1週間以内とします。

※ 指名枠の移動はいつでも可能ですが、入れ替え先のポイントはゼロになります。


ゲーム期間

2016年2歳新馬戦より、2017年ジャパンダートダービー(一部有馬記念)まで

情報提供

ブログにてそちらで随時、所有馬の情報を提供しようと思います。お問い合わせなどもそちらまでどうぞ。